MDF材を使ってエアブラシ用の塗装ブースを自作する

今回はMDF材を使って塗装ブースを自作していきます。

以前は衣装ケースに換気扇をはめ込んだ簡易的な塗装ブースを使用しており、吸引力に不満はなかったものの、吹返しが多く満足のいく塗装ブースではありませんでした。衣装ケース全体が塗料で汚れてきたことを機に、今回新たな塗装ブースを作ることにしました。

スポンサーリンク

塗装ブースを作ってみる

今回は吹き返しの少ない塗装ブースを作ることが目標ですので『ネロブース』型のものを自作していくことにします。

既製品があるならそれを購入すればいいのではと思うかもしれませんが、ネロブースは約54,000円、ネロブースと同形状である36ブースは約29,000円。とてもじゃないですが手が出ません。ですので、換気扇など再利用できるものは以前のものをそのまま使用し自作することにしました。換気扇には自作塗装ブースで有名なパナソニックのFY-24BM6Kを使用していきます。

ホームセンターでMDF材をカットしてもらう

材料には36ブースと同様にMDF材を使って作ります。ホームセンターで1820×910×9mmのMDF材を購入し、天板・底板(510×455mm)、側板(450×455mm)、奥板(490×455mm)、仕切り板(490×410mm)というサイズにカットしてもらいました。

天板・底板の高さを450mmにしたかったのですが、910mmの高さのMDF材使用しているので、このようなサイズになりました。多少はみ出しますが使用には問題ないでしょう。



組み立て開始

カットしてもらった板だけでは塗装ブースを組み立てることはできません。というのも天板に換気扇を取り付けるための穴がないためです。ホームセンターでは穴あけをしてもらえなかったので、頑張って穴を開けていきます。天板のくり抜く位置に鉛筆で線を引き、カッターナイフを使ってガイドを彫りました。

カッターで筋を入れる

カッターナイフのガイドに沿ってノコギリを使ってカットしていきます。

ファンの部分を切り抜く

カットできたら換気扇を乗せて固定するためのネジ穴をマーキングします。

ファンの位置を決める

ネジ穴を開けていきますが、MDF材は急に大きな穴をあけると割れてしまう恐れがあるので、細い穴から徐々に大きな穴へと広げていく必要があります。

穴を開ける

無事に穴が空いたら換気扇を固定していきます。本来の換気扇の設置方法は下から差し込んで固定しますが、設置の楽さとメンテナンス性を考慮し、上から換気扇を乗せて固定する方法を取りました。上下からワッシャーで挟み込み、MDF材の割れを防止しています。

ファンを留める

固定するついでに金網も取り付けます。金網は100円ショップのものを使っています。

フィルターを留めるアミを付ける

仕切り板は斜めに取り付けるのでストッパーが必要になります。ブース本体、ストッパーともに日本伝統建築工法の木工用ボンドを使って固定をしています。

塗装ブース内側

最後にアルミダクトをアルミテープで取り付けて完成になります。換気扇の配線やスイッチなどは衣装ケースブースのときから使用していたものです。

塗装ブース完成

ホームセンターでMDF材をカットしてもらったこともあり、1日で完成しました。以前より快適な塗装ブースになりそうです。

コメント